Archive

軽めの水虫への対処なら、薬局の市販薬でも効果はある!?

『水虫』という言葉、ほとんどの方がイヤな感じがするでしょう。

『痛み』も人としてとても辛い感覚ではありますが、『痒み』も本当に辛い感覚ですよね。
「『痛み』に比べれば『痒み』なんて、薬に頼らなくても我慢できるんじゃないの?」
と思われる方は、『水虫』の経験がなく、あせもや湿疹の経験しかない人の可能性があります。

『水虫』の『痒み』は、症状が進行すると、我慢できるようなものではないのです!

最初は、「ただの湿疹かな?」と判断して指で掻いたりして対処します。
それでも痒みが取れず、薬局で『ムヒ』などのスーッとする塗り薬を購入して塗ってみます。
痒みへの対処としては強力な塗り薬なので、その日のうちは『ムヒ』で対処できてしまいます。

しかし、次の日もふと気付いたら、身体の同じ箇所が痒いのです。
「また『ムヒ』を塗っていればいいや」
と判断して、毎日のように塗り続けます。
そして数週間後、
「あれ?もう使い切ってしまった。また『ムヒ』を買ってこよう」
とエンドレスになります。
私は、鈍感すぎたので気付くのに1か月近くかかってしまいました(泣)

「いくら何でもこれはおかしいぞ!?」
というわけで横浜市水虫で有名な皮膚科の病院へ行こうか、とも考えましたが、仕事が忙しくてとてもそんな余裕がない時期でした。
しかし、痒い部分を見てみると、少し皮膚が割れていて白くなっています。
「これはただの湿疹じゃないぞ!?」
何か重大な皮膚の病気になってしまったのか、と心配になりましたね。

とりあえず仕事が多忙過ぎた為、仕事終わりの深夜にスマホで痒みの原因を探ってみました。
今の時代、自宅にいなくてもスマホでネットができるので本当に便利になりましたよね。
必死に調べた結果・・・『水虫』かぁ!
足の裏ではなく、痒い場所が手の甲だった為に、まさか『水虫』だとは思ってもみませんでした。
たしかに仕事で手をよく使い、不潔な建物や物体を手で接する事が多かったので『水虫』に感染していたとしても不思議ではありません。
「『水虫』って病院に行かないと治らないのかな?でも、休みはなかなか取れないし、病院は土日祝日はやってないし、どうしよう!?」
そんな悩みを抱えながら仕事をし続け、その日の夜にお菓子と栄養ドリンクを買いに薬局に行った時です。
「そうだ!市販の薬なら病院へ行かなくても大丈夫じゃないか!」
驚いて思いつくような事でもないですが、『水虫』のような強力な痒みに対して、市販の薬というのは効果があるのか半信半疑だった為、
病院の治療以外を思い浮かべる事ができなかったのです。
しかし、病院へ行く暇がないのであれば仕方がない。平日に病院が開いている時間帯までに残業が終わる日が来るまでの、間に合わせぐらいにはなるだろう、と思って薬局で『エクシブ』という水虫治療薬の塗り薬を購入しました。

その後、毎日塗り続けた結果・・・完治とは言い難いですが、ほとんど痒みも治まり、患部の見た目も普通に近い状態となりました。
仕事も多忙だし、ここまで治れば病院は大丈夫かな?と思えるぐらいでした。
ネットでは、『水虫』は病院に行かなければならない!ような記事が多かったのですが、

私の症状は軽めだったのか、市販薬で何とか対処できてしまいました。
現代における商品の進化は、自動車や携帯電話だけでなく、治療薬も進化し続けているのだな、と感じました。

皆さんも、病院へ行く暇がなければ、市販の治療薬を試してみるのも良いと思いますよ?

まぶたのたるみが気になる…

私は、若いころはぱっちりとした二重でした。けれど、二十代後半の頃から、左目だけ二重がぐちゃぐちゃになって、三重?四重?のようになるようになってきました。

時間がたつと、くっきりした二重に戻ることもあります。

疲れたり、寝不足だったりするとぐちゃぐちゃになることが多いです。左のまぶたがぐちゃぐちゃになると、左右の目の大きさが違ってくるので、鏡を見ると憂鬱になります。

ぐちゃぐちゃになっているとまぶたも重くなり、気になり、このぐちゃぐちゃは、加齢によるまぶたのたるみなのかなぁと、なんとなく思っています。

私のまわりの一重だった人は、年齢を重ねるときれいな二重になっていることが多いですが、年をとるとまぶたの重が増えるのでしょうか?

若いころはくっきりした二重で目も大きかったので、目を大きく見せたいという悩みはなかったのですが、年をとってまさか、まぶたがたるむという悩みが出てくるとは知りませんでした。

40歳も超えているので、今更アイプチや整形なんてするのも変な気がします。

でも、顔が左右で違うのは、けっこう気分が沈みます。何か簡単にまぶたのたるみが取れて、くっきりした二重に戻れる方法があるなら知りたいです。